歯が痛い・しみる
-むし歯治療-

CARIES TREATMENT

歯が痛い・しみるときは
できるだけ早い受診を

当院では、なぜ痛みがあるのか、患者さまにとってどのような治療が必要なのかを、患者さまにわかりやすく説明することを心掛けています。
初期のむし歯は自覚症状が少ないので、すでに痛みがある場合はむし歯が進行している可能性が高いと考えられます。放置せずにできるだけ早くご来院ください。

むし歯は、お口の中の細菌が引き起こす病気なので、予防することができます。
痛くなることがないように正しい管理をしていきましょう。

一番大切なのは歯を残すこと

むし歯とは、ミュータンス菌などのむし歯菌が出す酸により歯のカルシウムが溶かされ、歯が脆くなり、ついには穴が開いてしまう病気です。

むし歯は早期の発見で、まずは歯の表面の身体の中で一番硬いエナメル質を残すための対応が大切です。また、むし歯が進行して歯の神経(歯髄)が感染してしまうと、神経を取らなければならなくなってしまいますが、そうなると歯が脆くなってしまい、歯の寿命が極端に短くなってしまいます。むし歯の進行を止める、再発を防ぐことがとても重要です。

当院では、進行しているむし歯でも、できるだけ神経を残せるような治療を試みます。

当院のむし歯治療

痛みに寄り添った治療

神経に近いところを治療する場合でも、治療中に痛みを感じにくくする処置を行います。

表面麻酔は、麻酔薬を歯ぐきに塗って感覚を麻痺させる方法です。痛みを伴う治療では、どうしても麻酔注射が必要になりますが、表面麻酔を行うことで「痛みをとるための麻酔注射が痛い」を軽減することができます。さらに電動注射器を使用し、最適な速度で薬液を注入することで圧迫痛も最小限に抑えることができます。

治療を最小限にする客観的な検査

むし歯で削った歯は元に戻すことはできないので、必要最小限の治療が求められています。
しかし、むし歯をしっかり取り除くことができないと、むし歯が再発してさらに削らなければならなくなってしまいます。

当院では、う蝕検知液というむし歯になっている部分だけに色を付ける専用の薬液を歯に塗布してむし歯を正しく見極めて、全て取り除きます。

できるだけ削らない

当院では、必要以上に削らないために細心の注意を払い、精密さが求められる治療では拡大鏡(眼鏡状のルーペ)やマイクロスコープ(顕微鏡)を使用して視野を拡大します。歯を削る器具(ドリル)はできるだけ小さいものを使用してむし歯だけを正確に削ります。そして、場合によってはエキスカベーター(耳かき状の器具)を使って手作業で丁寧にむし歯に感染した部分だけを除去します。

当院の歯の神経の治療

根管治療とは

歯の中にある神経や血管が束になっている組織を歯髄、その通り道を根管(こんかん)と言います。
むし歯の進行が歯髄まで達して強い痛みや炎症が出るようになると、歯髄を取り除く治療を行う必要があります。この時、根管内の歯髄を取り除き、再び細菌が入り込まないように中を洗浄して密閉する処置を根管治療と呼びます。

マイクロスコープ

マイクロスコープは治療に使用する顕微鏡で、歯という小さな器官の中の精密治療において治療の成果に大きく貢献します。

非常に綺麗に写すことのできるレンズと、暗い口の中を照らすことのできる強力な光源が備わっており、治療する歯を20~80倍の大きさに拡大することで、肉眼では確認できないような病変も、目で見て確認しながら治療を行うことができます。

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿とは、歯科用のゴムのシートを用いて、治療する歯のみを術野に露出させて治療する方法です。
アメリカやヨーロッパでは歯科治療(主にむし歯の治療)の際に用いられるものですが、残念ながら日本ではラバーダム防湿を使用する歯科医院は少ないというのが現状で、根管治療後の再発リスクも高くなります。ラバーダム防湿を行うことで、治療中に唾液を介した二次感染を防ぎ、再発リスクを大きく減らすことができます。

ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイルとは、多くの歯科医院で使用されているステンレスファイルよりも柔軟性があり、複雑な根管内を隅々まで行き届くように開発されたファイルです。
根管治療の成功率が高くなり、歯を失うリスクが低くなるだけではなく、治療時間の短縮が期待できるので患者さまの負担を減らすことができます。
さらに当院では、効率よく正確に根管治療が行えるモーターと手作業の処置を使い分けて、効率よく、効果的に根管治療を進めます。

神経を残す治療(Vital Pulp Therpy)

一般的には、むし歯が歯の神経まで達している場合、歯髄を取り除く治療(根管治療)をしなければなりませんが、歯髄には歯に栄養を運ぶ役目があるので、取り除いてしまうと歯がとたんに脆く欠けやすくなってしまい歯の寿命を縮めてしまいます。

当院では、MTAセメント(硬化したときに膨張する性質があり高い封鎖性がある・強アルカリ性で抗菌作用がある)を使用することで、歯髄がむし歯菌に感染していない、あるいは感染がわずかで歯髄に生活反応がある場合は、歯髄の保存を試みます。

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

お口の長期的な健康に保つために、定期検診を受けていただくことをお勧めします。詳しくは当院の予防歯科をご覧ください。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
10:00-14:00
15:30-19:30
●9:00-13:00 ▲14:30-18:30 △14:00-17:00 休診日:木/日/祝

〒108-0073
東京都港区三田3-10-1 アーバンネット三田ビル1F
京急線/都営浅草線 泉岳寺駅 徒歩1分
JR高輪ゲートウェイ駅 徒歩7分
都営三田線/浅草線 三田駅 徒歩10分
東京メトロ南北線 白金高輪駅 徒歩10分