親知らずの治療
顎関節治療

ORAL SURGERY

気になる親知らずや
顎関節のお悩みもご相談ください

当院は、歯科口腔外科にも対応しております。
主に、親知らずが痛い、抜きたい、生えてこないといった症状の治療や、あごの関節が痛い、お口が開けづらい、音が鳴るといった顎関節症の治療を行います。気になる症状がある方はご相談ください。

CTを完備しているので、精密な診断ができますし、安全性の高い治療の選択が可能です。また、重篤な症状の場合は総合病院や大学病院とも医療連携しているので安心してご来院ください。

親知らずの治療

親知らずとは

親知らずとは、上下左右ともに一番奥に17〜21歳ごろに生えてくることが多い歯で、歯ぐきに埋まっていたり半分だけ出ていたり、クセのある生え方をすることが多く、歯ぐきとの間に汚れがたまりやすく、臭いやむし歯、痛みがでることが多い歯です。

正しく生えている、生えると予想できる場合以外は、むし歯や歯周病、不正咬合(正しく並んでいない歯並び)などの原因になることがあるので早期の抜歯をお勧めします。

CTを完備した安全性の高い治療

CT(Computed Tomography)とは、X線を利用し、コンピューター処理することによって、物体の内部を立体的(3D)に撮影する技術です。

親知らずの抜歯で最も注意することは、下歯槽神経(歯の根っこの近くを通っている神経)を痛めてしまうことですが、当院ではCTで下歯槽神経の位置を確認して安全性の高い治療計画を立てることができます。

顎関節症の治療

このようなお悩みはありませんか?

顎関節症は軽症から重症まで様々で、自然に治ってしまうものもありますが、悪化させてしまうと治療が難しいもこともあります。気になる症状があればまずはご相談ください。

CTによる詳細な診断

CT(Computed Tomography)とは、X線を利用し、コンピューター処理することによって、物体の内部を立体的(3D)に撮影する技術です。

当院では、CT撮影によって、あごの関節がどのようにズレているのか、または削れているのかといった詳細な状態を把握したうえで、最適な治療計画を立てることができます。

顎関節症の治療

通常、顎関節症の治療では、スプリントというマウスピース型の器具を使用した治療を試みます。 スプリントは、歯科用プラスチックで作られており主に就寝時に装着します。
スプリントを装着することで、あごの関節の位置の改善や、かみ合わせのずれを改善して顎関節にかかる負担や周囲の筋肉の緊張を緩和します。かみ合わせのバランスが整うことで顎関節症が改善できることも多くあります。また、就寝中は、日常生活している状態に比べて食いしばる力が何倍にもなるので、この負担を取り除くことも効果があります。

このほか、被せ物の調整や矯正治療を検討する場合もあります。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
10:00-14:00
15:30-19:30
●9:00-13:00 ▲14:30-18:30 △14:00-17:00 休診日:木/日/祝

〒108-0073
東京都港区三田3-10-1 アーバンネット三田ビル1F
京急線/都営浅草線 泉岳寺駅 徒歩1分
JR高輪ゲートウェイ駅 徒歩7分
都営三田線/浅草線 三田駅 徒歩10分
東京メトロ南北線 白金高輪駅 徒歩10分