歯ぐきが腫れた
歯ぐきから血が出る
歯がグラグラする
-歯周病治療-

PERIODONTAL DISEASE TREATMENT

重症の歯周病にも対応
まずはご相談ください

歯周病は歯ぐきの病気だと思っている方が多いですが、歯周病の本質は歯を支える骨を壊してしまう病気です。さらに、歯周病菌が血管から全身に回ることで循環器系の病気を引き起こす他、持病を悪化させる可能性もあるとても怖い病気です。

私は、歯周病を専門的に多くの経験を積んできましたので重症化してしまった歯周病でも当院なら対応することができます。しかし、歯周病は生活習慣に起因するところが大きいため、どんなに治療で改善してもご自身でのケアがなければ良い状態を維持することはできません。しっかりサポートいたしますので一緒に頑張りましょう。

歯周病の症状
   

歯周病は、歯の周囲の汚れ(プラーク)の中に含まれる細菌の毒素の影響で、歯ぐき(歯肉)に炎症が起きて、歯ぐきが腫れたり、歯ぐきから出血しやすくなったり、また歯を支える骨(歯槽骨)が溶けていき、歯がグラグラしたり抜けたりしてします病気です。歯周病が進行するにつれて、自分でも気が付くような症状が現れますが、初期の段階ではなかなか自分自身で気が付くような症状は出てきません。次のような症状がありましたら歯周病の可能性があります

歯周病のセルフチェックリスト

  • 歯みがきをすると、歯ブラシに血がつく
  • 歯と歯の間に食べ物がはさまる/歯と歯の間に隙間ができてきた
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯が以前より長くなったように感じる/歯ぐきが下がってきた
  • 歯並びが悪くなった気がする
  • 歯が浮くような感じがする
  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする。
  • 歯ぐきがむずがゆい
  • 硬いものが咬みにくい
  • 歯がグラグラする
  • 歯が抜けたままのところがある
  • 歯ぐきを押すと血や膿がでる
  • お口の中の健康チェックを1年以上受けていない

歯周病とは

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯ぐきや歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。歯と歯ぐきの境目の清掃が充分でないと、そこに多くの細菌が停滞し歯ぐきの辺縁が炎症を起こし、痛みはほとんどの場合ありませんが赤くなったり腫れたりします。さらに歯周病が進行すると膿がでたり歯がぐらぐらして、最後には歯を抜かなければならなくなります。歯周病はSilent Disease(静かなる病気)とも言われ、病状が進行するまで自覚されることの少ない病気です。歯周病を放置するとその歯の寿命が短くなるばかりか、周りの歯にも悪影響を及ぼしお口の中全体が悪くなっていきます。

最近では歯周病と全身疾患の関係が明らかになってきています。歯周病菌が血管から全身に回ることで循環器系の病気(狭心症、脳梗塞、動脈硬化など)を引き起こすだけでなく、アルツハイマー型認知症、メタボリックシンドローム、誤嚥性肺炎、糖尿病を悪化させる原因にもなります。

歯の周りの組織を歯周組織といいますが、歯は骨(歯槽骨)に埋まっており、骨を歯ぐき(歯肉)が覆っている構造となっています。歯と歯ぐきの隙間を歯肉溝といいます。歯周病にかかると歯肉溝が深くなり歯周ポケットとなってしまい、その中にプラークや歯石がたまっていきます。

歯周ポケット内にプラーク(歯垢)が付着したままでいると歯ぐきが腫れ、徐々に歯槽骨が溶けていきます。歯を支えている歯槽骨が溶けていくことで歯がぐらつき、ゆくゆくは歯を支えられなくなり、歯が抜けてしまいます。

歯周病は歯自体の病気ではなく、歯を支える組織の病気であり、歯を失う原因としては最も多い病気です。

歯肉炎

軽度歯周炎

中等度歯周炎

重度歯周炎

歯肉炎と歯周炎の違い

歯周病には歯肉炎と歯周炎があります。

歯肉炎とは、歯肉にのみ炎症が起きている状態です。歯槽骨に炎症がは進行していない状態です

これに対して歯周炎とは歯槽骨にも炎症が波及し、歯槽骨が溶けてしまっている状態です。

 

歯周病の検査

口腔内写真検査

お口の中のお写真を撮影し、歯ぐきの状態(歯ぐきの腫れや発赤)・プラークの付着状況・むし歯の有無・かみ合わせの状態等を検査します。

エックス線写真検査

歯周病は歯を支える骨の病気です。歯ぐきの下で骨がどれくらい溶けているかをエックス線写真を撮影し診断します。

歯周ポケット検査

プローブと呼ばれる専用の器具を使用し、歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の深さを調べます。歯肉が健康な状態ですと1~3mm程度ですが、歯肉炎または歯周炎になると4mm以上になり、歯周炎が進行すると歯周ポケットは深くなっていきます。

当院の歯周病治療

基本的な治療はプラークコントロール

歯周病の治療の基本は、プラークコントロールです。
プラークコントロールとは、歯垢(プラーク)を増やさないことをいい、歯みがきが充分でないと、歯垢や歯石ができてしまい、うがいや歯みがきだけでは取り除くことができません。これらが歯周病を引き起こしたり、進行させる原因となるので日常のセルフケア(歯みがきなど)とプロフェショナルケア(歯科医院でのクリーニング)の両輪が不可欠です。セルフケアにおいては患者さまに合った歯ブラシや歯間ブラシの選び方、使用法を説明します。

担当の衛生士がサポート

歯周病は将来的に歯を失うリスクのある病気ですが、歯周病菌をお口の中から完全になくすことは難しいため、長期的に管理していく必要があります。
長期的な管理を実現するためのサポート体制においては信頼関係がとても重要になります。

当院では、患者さまごとに決まった歯科衛生士が担当することで信頼関係を築き、お口の状態を経過観察し、症状の変化を歯周病の治療に活かした適切なサポートを行います。

原因菌を特定した治療計画

歯周病の進行が速く、プラークコントロールで改善が見込めない場合は、リアルタイムPCRという細菌検査を行います。検査では、原因菌を特定することができますので、場合によっては抗生物質を使ったアプローチや集中治療を行い、短期的に細菌を減らすための処置を歯周病治療に取り入れます。

当院の歯周外科治療

歯周外科治療に対応

当院は、基本的な歯周病治療では改善が見込めないケースでも、歯周外科治療を行い、改善することが可能です。

より安全に、より効果の高い歯周外科治療を行うために、あごの骨の量や質を詳細に検査することができる歯科用CTを完備しており、衛生管理を徹底した完全個室のオペ室で、マイクロスコープ(治療用の顕微鏡)を使った精密な治療ができる環境を用意しています。

歯周組織の再生治療

一般的に歯周病が悪化して骨が壊されてしまうと抜歯と診断されてしまう場合もあります。当院では歯周病で壊された歯周組織(歯ぐきや骨など歯の周囲の組織)の再生治療が可能です。(ただし、適応に限ります)

エムドゲインやリグロスという歯周組織の再生を誘導する薬剤を使った治療など、お口の状態によって最適な治療をご提案いたします。

当院は予防歯科に力を入れて取り組んでいます

お口の長期的な健康を保つために、定期検診を受けていただくことをお勧めします。詳しくは当院の予防歯科をご覧ください。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
10:00-14:00
15:30-19:30
●9:00-13:00 ▲14:30-18:30 △14:00-17:00 休診日:木/日/祝

〒108-0073
東京都港区三田3-10-1 アーバンネット三田ビル1F
京急線/都営浅草線 泉岳寺駅 徒歩1分
JR高輪ゲートウェイ駅 徒歩7分
都営三田線/浅草線 三田駅 徒歩10分
東京メトロ南北線 白金高輪駅 徒歩10分