むし歯や歯周病になりたくない
-予防歯科-

PREVENTIVE DENTAL CARE

むし歯や歯周病を防ぎ
歯の喪失を止める

むし歯や歯周病は歯を失う二大要因ですが、どちらお口の中に住む細菌が繁殖することによって引き起こされる感染症なので、完全にリスクをなくすことはできません。
しかし、これらの細菌は歯の磨き残しから作られる歯垢(プラーク)の中で繁殖することがわかっているので、歯垢をお口の中に残さない。つまり細菌数をコントロールすることはできます。これをプラークコントロールと言います。
お口の健康維持には、セルフケアとプロケアによるプラークコントロールが必要不可欠です。   

当院の予防歯科

患者さまご自身のセルフケア

セルフケアとは、患者さまご自身による日常の歯みがきや歯間ブラシ、デンタルフロス等を使ったお口の中の清掃のことです。
お口の健康のためには、毎日のセルフケアがとても重要ですが、毎日歯みがきを行っていても正しく歯みがきが行えていないと、むし歯や歯周病になってしまいます
定期検診で継続的にセルフケアのチェックをすることで改善点を見つけることができます。

歯科医院で行うプロケア

むし歯や歯周病の原因になる歯垢(プラーク)は、2週間程度で唾液中のカルシウムやリンと結合して歯石に変わります。歯石の中の細菌は死んでしまっているため直接の害にはなりませんが、硬くザラザラした歯石には新たに歯垢が付着し、簡単には落とせなくなってしまいます。そして歯石はセルフケアでは落とせません
この歯石のほか、磨き残してしまっている歯垢を、
歯科医師や歯科衛生士といった専門家が専用の機器を使って除去するのがプロフェショナルケアです。

専属の衛生士が健康なお口を守ります

むし歯や歯周病は歯を失う原因になる病気ですが、これらを引き起こす細菌をお口の中から完全になくすことは難しく、長期的にコントロールしていくことが必要です。
当院では、患者さまを長期的にサポートしていくうえで信頼関係がとても重要という方針から、歯科衛生士を担当制にしています。

患者さまごとに決まった歯科衛生士が担当することで信頼関係のほかにも、お口の状態を経過観察し、症状の変化を治療に活かした適切なサポートをすることができます。

フッ素で歯を守る

歯に付着した歯垢(プラーク)の中で増殖した細菌が、食べ物に含まれる糖類(ショ糖)を分解して酸を作ります。むし歯は、この酸が歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンを溶かすことで進行します。

フッ素には、溶け出したカルシウムやリンが元に戻る働き(再石灰化)を助ける働きや、歯を強くして溶けにくくする働き、むし歯菌が酸を出すことを抑制する働きがあります。
歯科医院で扱う高濃度のフッ素を塗布することで、効果的にむし歯を予防できます。

痛みなど自覚症状がある方

むし歯や歯周病は、自覚症状がなく進行していく病気です。自覚症状が出たときには、すでにかなり進行してしまっていることも多くあります。心当たりのある方は、すぐに歯科を受診することをお勧めします。

診療予約について

RESERVE

患者さまをお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
10:00-14:00
15:30-19:30
●9:00-13:00 ▲14:30-18:30 △14:00-17:00 休診日:木/日/祝

〒108-0073
東京都港区三田3-10-1 アーバンネット三田ビル1F
京急線/都営浅草線 泉岳寺駅 徒歩1分
JR高輪ゲートウェイ駅 徒歩7分
都営三田線/浅草線 三田駅 徒歩10分
東京メトロ南北線 白金高輪駅 徒歩10分